手を出しにくい初心者向けのビンディング入門

手を出しにくい初心者向けのビンディング入門

ビンディングに興味はあるけどなんか怖くてまだ手を出していない方が多いのではないでしょうか?

そもそもビンディングとは何なのか知らない方もいると思うので軽く説明すると、ビンディングとは自転車の

ペダルと靴を固定する器具です。ほぼ同じものにスキーのビンディングがあります。スキーでは板とブーツを

固定する器具を使います。感覚はほぼスキーと変わりありません。

自転車に乗りたての人はその実態が掴めず若干敷居が高いビンディング。いざ使い出すと効果は確かなものが

ありますが、ゆるポタくらいならフラットペダルでも問題なく自転車を楽しめます。当初はこのブログに合わない

内容なので紹介する予定ではなかったのですが、何を隠そうゆるポタ勢の自分もビンディングを使っているため

今回紹介することになりました。

ということで今回はビンディングの強み、注意点、種類などについてご紹介します。


ビンディングのメリット、デメリット

先ほどもご紹介しましたが、ビンディングはペダル(自転車)と靴(足)を固定する器具です。ペダルと靴が

固定されることでどういったメリット,デメリットをご紹介します。


メリット

・滑らない

一番のメリットと言っても良いのが「滑らない」と言うことです。ペダルと足をガッツリ固定するので、ペダルと

足が滑ることがありません。フラットペダルだと雨の日やダンシング(立ち漕ぎ)したときにペダルから

足が滑り落ちて最悪落車する危険性があります。雨上がりの濡れた足で立ち漕ぎをして、足が滑り落車しかける。通学や

通勤でママチャリなどを使っていた人の多くが経験したことのある恐怖体験だと思います。このようなことが

ビンディングを使えば無くなります。安全面から重要な役割をになっています。


・ずれない

「滑らない」とほぼ同じなのですが、ビンディングではペダルと足が一体化するような形になるため足の裏全体でペダル

を踏んでいるような感覚になります。我々ゆるポタ勢にはあまり関係ないのですがプロのサイクリストになってくると

足の位置のずれはパワーロスにつながる大きな問題です。全ての力が自転車に伝わるようにビンディングの存在は

重要です。


・引き足が使える

「引き足」。あまり日常で耳にしない言葉です。引き足とは文字通りペダルを引き上げる力を使えると言うことです。

フラットペダルでは片方の足で踏み込みペダルが下まできたら、もう片方の足でまた踏み込む、という回転運動を

していました。ですがビンディングでは足が固定されているため足が下まで来た後も上にあげるまで引くという動作も

加えた効率的な回転運動をすることができます。「踏む」と「引く」の二つ動作を推進力に変えることができるので

ヒルクライム(登坂)やロングライドで足への負担が軽くなり楽にライドできます。ビンディングにより今まで

登れなかった山や行けなかった場所まで行けるようになります。


これらの理由によりプロのサイクリストはビンディングを使っています。


デメリット

・立ちゴケの危険性が上がる

ビンディングを使い始めた人が誰もが一度は経験する「立ちゴケ」。ビンディングの着脱に慣れないうちは信号待ち

などの停車する時にうまくペダルから足を外せず立ちゴケします。よく立ちゴケする場所としては信号待ち、坂道などが

あげられます。特に上り坂で止まった場合、再度ビンディングを着ける時にもたついてこけるパターンが多いです。

自分も2、3度経験があります。立ちゴケは誰も通っていない農道のような場所なら良いですが、車の頻繁に通る道路

などでは車道側に倒れた場合重大な事故になりかねない危険なことです。確実な着脱ができるようになるまでは公園など

の安全な場所で練習するようにしましょう。


・靴が限られる

後にご紹介しますが、ビンディングでは靴にも器具を取りつけるため、普段履いているような靴を使うことは

できません。靴を自転車に乗る上でのファッションとして欠かせない、という人には向かないかもしれません。


・お金がかかる

ビンディング自体は安ければ10000円ほどでも靴とペダル込みで揃えることはできます。ただ、靴につけるクリート

と呼ばれるプラスチックの器具は使っていく内に削れていく消耗品です。頻繁に乗る人は半年で交換することに

なります。頻繁に乗らなくてもクリートのついた靴で結構な距離を歩いてしまうとかなり削れます。削れると着けれなく

なったり、いきなり外れるなどの可能性があります。クリートの交換といっても種類によっては安く済むので

ビンディングを選ぶときは交換用のクリートについても調べておいてください


・歩けない

前述しましたが、靴にはクリートが付いているため長く歩けないビンディングがあります。ただこれも歩くのに

特化したビンディングもあるため一概には言えませんが、移動先でかなり歩きたい、という方には向きません。


・普段使いしにくい

ペダルがビンディング用に変わってしまうため普段靴で自転車を利用しにくくなります。実はこれも普段靴

で使えるようにするパーツが売っているのですが、いちいちパーツをつけるのはなかなか面倒なものです。

かといってコンビニに行くのに専用の靴を準備するのも面倒なものがあります。自転車を普段から細々使って

いきたい(いる)人には向かないかもしれません。


これらのデメリットにより自分は初心者がいきなりビンディングを使い始めるのはおすすめしません。何よりも危険

なので自転車の発進、停止を確実にできるようになるまでは控えたほうがいいと思います。

ビンディングの種類

ビンディングには大きく分けて2種類あります。それぞれの特徴をご紹介します。


SPD

MTBでよく使われるビンディングです。ペダルと靴を二点で止める仕組みで固定力はそこまで強くはありません。

靴のクリートが靴の中に埋め込まれような形(凹)なので歩行もライドもどちらもしたい人向けのビンディングです。

ロードバイクなどのレース向きではありません。値段は大体5000円から15000円ほどです。(比較的安価)


SPD-SL

靴とペダルを3点で固定する構造で固定力に優れており軽量で、ロードバイクでよく使われます。靴側はクリート

が出っ張っている形(凸)になっているので非常に歩きずらく削れやすいので歩行には向きません。ペダルは5000円ほど

から20000ほどまでですが、靴が10000円から5万円ほどと少々高額になってきます。


ビンディングの主要メーカー

ビンディングには大きく分けて4つのメーカーがあります。それぞれご紹介します。


LOOK

ペダル以外にもフレームなども販売しているLOOK。大きな特徴としては重量が軽く、面が広いためパワーの伝達

効率がいい、可動範囲が広いことです。稼働範囲とは膝などの関節への負担を軽減するための遊びのことです。

靴側に取り付けるクリートの種類によって自分好みに調整できます。ただ比較的クリートの消耗が激しいメーカーです。


SHIMANO

最もユーザーが多いビンディングです。そのため自転車ショップやスポーツショップで買うことができます。

特徴としては面が広くパワーの伝達効率がいいことや、クリートの固定位置を調整できること、クリートの色で

稼働範囲を識別しやすいなどがあげられます。ただ重量が若干重めなのがデメリットです。


SPEEDPLAY

筆者も使っているビンディングです。特徴的な形からキャンディーとも呼ばれるビンディングで、名前の通り

着脱がしやすいのが特徴です。また他メーカーと違いペダルの両面を使うことができるので発進時にもたつく

ことがありません。ペダルの面積が狭いので使いにくそうですが、クリート面が広いので案外広く感じます。

稼働範囲がかなり広いので膝への負担を軽減することができます。ただ、買ってすぐはクリートが馴染むまで

なかなかペダルにハマらないので注意が必要です。


TIME

またまた独特な形のビンディングです。フローティング機構と呼ばれるTIME独自の技術により独特な装着感が

あります。他メーカーのビンディングにも稼働範囲はありますがこちらはバネの機構で自然とセンターに戻り適切な

ポジションに戻るためかなり膝に優しいペダリングができます。重量もかなり軽いので2つ目のビンディングとして

つかってみるとその違いがわかりやすいかも。


まとめ

前述しましたが、あまり自転車に乗り始めた初心者がビンディングを使い始めるのはおすすめしません。目安としては

乗り始めて半年経てば初めてもいいかもしれません。乗る量にもよるのですができることなら自転車乗りの先輩と一緒に

始めるのがいいと思います。

また、ゆるポタくらいなら効果を感じれないと思うので、自分の乗り方にに合わせて始めるか考えてみてください。

ビンディングを初めて膝が痛くなったり指が痛くなったりした場合は他メーカーのビンディングを使ってみてください。

ビンディングでより良い自転車生活を!