機能性とスタイリッシュなデザインが好評なBESV JAPAN

機能性とスタイリッシュなデザインが好評なBESV JAPAN

上の写真のような自転車を見たことがあるでしょうか? このサイトではあまり特定の自転車について取り上げて紹介

することはなかったのですが、一度試乗したことがあるので紹介しようと思います。こちらはただの自転車ではなく

E-bike、つまりは電動アシスト自転車です。従来のあからさまにどこにバッテリーやモーターがあるかわかるような

デザインではなく、アシスト機構がコンパクトに中央部にまとまったスタイリッシュなデザインとなっています。

またバッテリー性能や駆動システムといった機能面に関しても優れた自転車になっています。上の写真はミニべロ

ですが、ロードバイクやクロスバイク、シティサイクルなども展開しているので合わせて紹介します。


PS1

こちらはグッドデザイン賞も受賞したE-bikeでPSシリーズの上位モデルになります。主な機能を挙げていきます。

・油圧式ディスクブレーキ

・航続距離100kmの高性能バッテリー

・デュアルショックサスペンション

・カーボンモノコックフレーム   

・世界最軽量最小クラスのパワフルなモーター     など…

衝撃吸収性のいいカーボンのフレームにサスペンションがついていることで快適な乗り心地を実現しています。私が

試乗した時は少し悪路も走り、うまく段差をいなしつつパワーのあるモーターでぐんぐんと進む力強さが印象に

残っています。カラーはYellow, white、Red、Matte Black Gradation stripeの4色展開でどれも近未来的なその

フォルムにあったデザインになっています。ミニベロの小回りは効くが長距離は走れないという特徴を覆す自転車

になっています。   価格303600(税込)  PS1 詳細


PSF1

先ほどと同じくPSシリーズでこちらは折り畳み機能のついた電動アシスト自転車です。折り畳めるという機能の他に

リアサスペンションがついていたり、折り畳み特有のフェンダーやケース、専用ソフトケース、リアキャリアなどの

オプションをつけることができます。航続距離は先ほどより少し劣りますがそれでも95km走れて街乗りなら十分すぎる

使用になっています。カラーはGold、Gray Blueの2色展開です。折り畳みでこれだけ長距離が走れ、

輪行(電車に載せて移動)もしやすいので一気に行動範囲が広がる自転車だと思います。  価格269,500円 

PSF1 詳細


JR1

BESVの機能とデザインを取り入れたロードバイクです。目立ちにくく設計された大容量バッテリーで最長115km

の走行ができます。メインコンポはSHIMANO105で、油圧ブレーキを使用しているため強い制動力があります。

フルカラーの小型ディスプレイがついていてスピード、トリップ、ケイデンスなど9種類の表示が可能です。

カラー展開はMatte Blue、Matte White、Matte Blackの3色でどれもマットな落ち着いたデザインになっています。

通勤・通学で激しい運動をしたくない方、普段運動をしておないけど長距離ライドに行きたいという方におすすめです。

また同じシリーズでグラベルモデル、クロスバイクモデルもあるので是非チェックしてみてください。

価格303,600円  JR1 詳細


TRS2 AM

珍しい電動アシスト付きのMTBです。150mmのフロントとリアサスペンションがついている上に、、27.5×2.6のタイヤ

を採用しているためアシストの力を余すことなく推進力に変えることができます。モーターもバッテリーもコンパクト

にまとまっていますが、それでも最高140kmの走行が可能です。MTBとしては重量はそこそこありますがそれを

感じさせないようなアシストがあるので、MTBに乗り始めたばかりの初心者や女性、運動を諦めかけていたお年寄り

の方でもライドを楽しむことができるのではないかと思います。価格489,500円 TRS2 AM 詳細


LX1

またこちらも独特な今まで見たことがないフォルムのE-bikeです。街中で乗っていたら間違いなく視線を集める

であろう見た目でシンプルかつ高級感のあるフォルムが特徴です。フロントサンスペンションに油圧ブレーキで

街中でも快適な走行を楽しめます。最大走行距離は85kmで街中で走るには十分なスペックを持っています。

カラー展開はRed、White、Grayの3色展開でフォルムに合った高級感のあるデザインになっています。

人と同じ自転車に乗りたくないという方におすすめ。価格437800円  LX1詳細


CF1 LINO

まさに街乗りに適した自転車で俗にいうシティサイクルに分類されるE-bikeです。従来のシティサイクル(ママチャリ)

は個人的に乗りずらく若干ダサいという印象がありましたがこちらはそういった雰囲気はなく、先進的なデザインが

うまく町に溶け込むようなおしゃれな感があります。スマホを連携することができて各種パラメーターの表示やナビ機能

、駐輪場位置記載機能などを利用することができます。最大走行距離は90kmで日常で使ってもちょっとした

サイクリングで使っても十分な性能を持っています。バッテリーは取り外し型ではないので重いバッテリーをいちいち

持ち運ぶ必要がありません。新たなシティサイクルの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

価格239,800円  CF1 LINO 詳細


まとめ

今日紹介した自転車のように今までにないような特徴的なフォルムの自転車は見た目のデザインが先行して

機能がイマイチなことが多いのですがBESV JAPANの自転車はデザインも機能も両立しています。デザインでは

近未来すぎず町に溶け込むような親しみやすい雰囲気を残しているので気持ち的にも楽しくなるような自転車

だと思います。BESV JAPANのホームページやInstagramを見てもらうとわかるのですがコンセプトとして

「街乗り」を推していて、アシスト走行距離が80km以上出会ったりサスペンションがついていたりと機能的にも

街乗りに配慮されていると感じました。

定期的に試乗会にも出ているようなので気になった方は一度市場に行ってみてはいかがでしょうか。