ピストに乗りませんか?

2021年5月12日

ピストに乗りませんか

筆者の一番好きな自転車、ピストバイクについて

このブログで何度か言っているのですが、筆者は自転車の種類の中でピストバイクが一番好きです。一番好きな

自転車を人にもすすめたいといことで、何故ピストバイクを勧めたいのか書いていきます。

ピストバイクの魅力

①構造が単純

多くの自転車は変速機がついているため複雑に見えます。実際自分で触ろうとすると初心者には難易度が高め。

ですがピストバイクは変速できないためギア周りがスッキリ。大雑把に言えば

・チェーン  ・シングルギア   ・フレーム   ・ブレーキ  ・サドル   ・ハンドル

の6種類の部品でできています.構造が単純=管理が楽ということなので、汚れてもすぐ掃除できます.

②コスト

全ては構成部品が少ないということに帰結するのですが、部品が少ない分全体にかかる費用も安くなります.

自分の乗っているピストバイクはフレームはもらったものだったのでそれ以外の部品を揃えましたが

合計2万円くらいでできました.少ないですが工具が揃っていたというのも理由ですが、フレームも

中古サイトなどで手に入ればおそらく最安で5万円くらいで作れると思います.

自分で作るのを前提で話していますが、完成車で買っても15万円くらいでしっかりとしたメーカーの

ピストバイクは買えます.何より長く乗りたいならそれなりの愛着が欲しいと思うので自分で組んでみる

のが個人的にはオススメ.

③見た目がかっこいい

クロモリ製などの細身のフレームの自転車全体的に言えてしまうことなのですが、見た目がいい.普段着で靴は

スニーカーとかでも全然気兼ねなく乗れてしまう.自転車も含めてファッションの一部として乗ることができる.

だから、たとえ制服でもスーツでも乗れるので通勤・通学どんな場面でも使えます.

まとめ

他の記事でも書きましたが、最初に乗る自転車は見た目で決めて欲しい.ギアが1速しかないのが

この自転車の一番の特徴ですが、乗る場所によってギア比(ペダル一周でどれくらい進むか)を決めて

あげればそこまで不便を感じることなく乗ることができます.自分も信号があまりないが、坂が多いという

理由から少し低めのギア比で設定してあります.大変なお手入れもなく一番「暮らし」に定着しやすい

自転車だと思います.フレームをロードバイクのものを使っても作れるのでそこそこの距離の

サイクリングにも使えます.今回自分で作ることを前提として書いてしまっている面がありますが、

自転車の中で作るのが簡単な部類で、何より自分で作った自転車の方が愛着が持てます.

その点このブログの「暮らしと自転車」というテーマに合っていると思うので全力で

筆者は自分で作るピストバイクをオススメします.今はブログやYoutubebなどでも詳しく

解説していて、工具などもセットで安く変えるので心配は入りません.とりあえずかっこいい

フレームを探しにいきませんか?

入門用

Posted by romanclub