自転車歴10年が選ぶ冬の自転車ウェア特集

自転車歴10年が選ぶ冬用の自転車ウェア特集

冬は寒いので通学・通勤でも自転車にはなるべく乗りたくなくなります。サイクリングなんて尚のこと

しなくなりがち。そんな日常にアクセントを、ということで今回はウェアについてご紹介します。

自転車でマンネリ化しないために自転車パーツを交換したり、友達を誘ったり、電車を利用したり、

試行錯誤しながら乗りますが、自分がたまにやるのは季節によって服を変えることです。ロードバイク

ようにピチッとしたサイクリング専用のサイクルジャージを着ることもありますが、普段の通学やちょっとした

サイクリングにはユニクロやワークマンの普通の服を着ます。そんな服の中でもちょっとしたテクニックが

あるので今回はそんな情報もご紹介します。

しっかりとしたサイクルウェアはなるべく空気抵抗を減らせるように体に密着する作りになっています。

個人的には寒い時のウェアは少しはダボっとしていないといけないと考えています。サーモス水筒は

保温機能に優れていますが、あれは二重構造になっているため保温できています。それと同じように

冬の寒さを凌ぐために服の外側と内側の間に空間を作ってあげる必要があります。かといってダボダボすぎる

と上着が足に当たって漕ぎにくくなったり、空気抵抗が大きくなりすぎて疲れてしまう原因になってしまいます。

しかしジャストフィットの上着を着ると自転車は前傾姿勢なので後ろの長さがあ足りず腰回りを冷やしてしまいます。

普通のサイクルジャージは後ろがあ前より長く設計されています。では、どうすればいいのかというと、腹巻を

インナーとして着るのがおすすめ。腰を冷やすのを防ぐとともに不安定な腰の無駄な動きを止めて疲れにくく

なります。まとめとして上は、シャツ→ヒートテック→腹巻→上着が個人的にはベスト。

次にパンツですが、少し高価になってしまいがちですが、登山用のパンツがおすすめ。伸縮性、保温性に優れ

見た目も街中で遜色なく履くことができます。足は自転車のエンジンなので重ね着のしすぎで動きにくくなるのは

避けたいところです。登山パンツには足首を絞る機能が付いています。この機能のおかげでチェーン汚れが

パンツについたり、裾がチェーンに絡むこともなくなり、裾からの風の侵入も拒むことができます。靴下は

同じく登山用のものがいいと思います。足首まで保護されていて、長時間の仕様でも疲れないような設計に

なっています。まとめとして下は登山用のパンツと靴下がベスト。種類も豊富なんで一回店に行ってみると

いいかも。

筆者セレクト 冬用サイクルウェア

ヒートテック 

https://www.uniqlo.com/jp/ja/search?q=ヒートテック

腹巻

ジャケット

https://workman.jp/shop/g/g2300044715013/

パンツ

靴下

靴は通気性が悪ければなんでもいい気がします。ただ登山用の靴下は厚手なので少し余裕のある靴がいいかもしれない

まとめ

冬用のウェアは重ね着できるので選ぶのが比較的簡単に選べます。ユニクロやthe north face、ワークマンplusの

商品で十分おしゃれに自転車用ウェアを準備できました。今回のポイントさえ押さえておけば自分の

好みのファッションで好きに選んでもらえればいいと思います。

冬用ウェア選びで抑えるポイント

・ヒートテックなどの薄手であったかいインナー

・腹巻(腰周りを冷やさない)

・ぶかぶかしすぎないアウター

・登山用パンツ、靴下

・通気性の悪い靴

おしゃれに寒い冬の自転車ライフを切り抜けよう!

+1

グッツ

Posted by romanclub