eバイクのすすめ

eバイクのすすめ

みなさんeバイクにどんなイメージを持っていますか。そもそも「eバイク」という言葉自体を知らない人も

いるかもしれません。eバイクは別の言い方をすれば電動機付き自転車です。いわゆるElectronic bikeです。

身近かなeバイクといえば電気付きママチャリがあるかもしれません。買い物に出かけて荷物を運んだり、子供を保育所

に連れて行くのに使ったりするのに乗られているのを見たことがあるのではないでしょうか。きつい坂や重い荷物を

運ぶ時など電動の力を使って楽に走ることができます。現在、eバイク自体の知名度が低いためでそこまで多様な

eバイクを街中で見かけることは少ないと思います。しかし、知らないだけで有名自転車メーカー各社がeバイク開発

に乗り出し、多くの種類のeバイクが販売されています。今回はそんなeバイクを紹介していきます。

eバイクの種類

eバイクにも様々な種類はありますが、その多くは既存の自転車に電動の力を付与したものが大半です。

一応あげときます。

・シティサイクル(ママチャリ)  ・ミニベロ(小径車)

・クロスバイク          ・マウンテンバイク

・ロードバイク                      など。

eバイクの特徴

移動可能距離

ECOモードとターボモードがあります。ECOモードで長くて100km〜160kmほど、ターボモードで20kmほど

アシストして走れます。メーカーによって距離は違いますが、どのメーカーのeバイクでも普通の自転車では

考えられないような距離まで移動できるようになります。軽い旅の手段になるかもしれません。

スピード

現在日本の法律ではeバイクのアシストは24km/hまでと定められています。あまり関係ないですが自転車の

制限速度は60km/hと定められておいます。eバイクは速度を出すという目的よりはきつい坂を登ったり

重い荷物を運んだりするのにアシストを使う目的の方が重要な気がするので、筆者的には24km/hでも

十分な気がします。

重さ

見た目でなんとなく想像がつきますがeバイクはバッテリーとモーターの分があるので重いです。バッテリーは容量が

6.2Ah~15.4Ahで重さが3kgほどのものが多いです。全体の重さは軽いもので13kg、重いもので25kgほどになります。

そもそもアシストを使うので重さはあまり気にしすぎる必要はないと思います。

値段

自転車の種類によって値段は変わってきます。大体考え方としてはそれぞれの自転車にプラス5〜10万円ほど

の値段になると思ってください。それぞれの自転車メーカーの中の上ぐらいの値段になることが多い

です。

こんな人におすすめ

・今まであまり運動してこなくて体力に自信がない

・歳をとり足腰に自信がない

・激しい運動はできないけど、自転車に乗って遠くに行ってみたい

・彼氏、夫、友達と一緒に自転車に乗りたい

などなど、何かハンデがある人には特に乗ってもらいたい自転車です。

筆者激選 おすすめのeバイク

YAMAHA PAS CITY-X

日本のeバイクといえばYAMAHA。こちらは2021年3月発売の最新のeバイク。直線でまとめられたスタイリッシュな

バイク。モードはオートエコモード、スマートパワーモード、強モードの3種類。それぞれの走行可能距離は90km、

65km、54km。3、5hでフル充電。カラーはマットダークグリーン2(つや消しカラー)、ホワイトオレ、

ミラーシルバーの3色展開。標準でフロントキャリアが付いているので近場の買い物なんかにも使えそう。

多くのYAMAHAの技術が使われ、通勤、通学などあらゆる場面で活躍しそうなバイクです。

¥128,700(税込)

https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/lineup/city-x/

YAMAHA PAS Crew

こちらもYAMAHAの電動自転車。子供乗せ専用の電動自転車。ミニベロより少し大きい24インチのタイヤを

しようし夫婦で共用しやすい。カラーはマットアンバー2、マットブラック、パウダーブルーの3色展開。

筆者的にはパウダーブルーが爽やかでおすすめ。走行可能距離はオートエコモードで78km、

スマートパワーモードで60km、強モードで56km。4hでフル充電。スマートパワーアシストという技術を使い

下り、上り坂、平坦など道に合わせたアシストを自動でやってくれ流のでより運転に集中できる。

¥168,300(税込)

https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/lineup/crew-std/

Trek Verve+ 2

アメリカの自転車メーカー、Trek。太めのタイヤで設定されているので街乗りでも安心。フェンダーやライト前後

荷台、ディスクブレーキなどが標準装備されているので通勤通学、サイクリングなんでもいける

オールラウンドバイク。走行可能距離は平均速度20km/hの場合エコモードで147km、ツアーモードで86km

スポーツモードで68km、ターボモードで60kmになります。Trekの公式サイトに行くと自分の走り方に合わせた

データを調べることができるので調べてみてください。

¥269,000(税抜)

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/バイク/クロスバイク/電動アシストクロスバイク/verve/verve-2/p/28305/

BESV PS1

カーボンのしなやかなで特徴的な形のフレームのスタイリッシュなeバイク。グッドデザインショーを受賞しており

ヨーロッパで広い支持を得ています。カラーはイエロー、レッド、ホワイト、カーボングレーの4色展開。

走行可能距離は4モード(Mode1~3+Smart Mode)で100km、83km、70kmとなっています。ディスクブレーキ、

サスペンションを装備しているためスポーツからロングライドまで広く活用できるeバイクです。特徴的な自転車ですが

どんな服装にも合うような雰囲気があるように思います。

276,000円(税抜)

PS1

まとめ

どこにバッテリー、モーターをつけるかといった課題から新しいデザインのeバイクが販売されてきています。

筆者的には一度試乗もしたことがる、BESVのeバイクが革新的で乗っていてワクワクする自転車だったので

おすすめです。また、YAMAHAなど比較的早くからeバイクを開発してきたメーカーは確かな技術力の面からも

おすすめです。eバイクの開発によって誰でも自転車を楽しめるようになってきたのは筆者的にも嬉しい限りです。

+1