自転車歴10年が伝える『鍵で愛車を守る』話

自転車歴10年が伝える『鍵で愛車を守る』話

自転車盗まれた人いますか? 家の鍵すらまともに掛けないようなド田舎で育ったせいか、自転車を盗まれたことは

ありません。家に置くときもわざわざ部屋の中まで運んでいたのもあるとは思いますが。ただ自転車で街に出た時は

そこそこの防犯対策はしてきました。また、筆者も春から引っ越すため、今一度防犯対策として『鍵』について

まとめていこうかなぁと思います。

高い金払って買ったお気に入りの愛車が盗まれたらかなりショックです。気持ちだけでなく、通勤・通学で使っている

自転車だったら、「明日からどうしよう😭」といった感じで大変困ります。完全に盗んでいった輩が悪いのですが…

そんなことになる前に鍵での防犯は必須です。警察が推奨しているのは『2重ロック』です。

確かに2重ロック自体は効果があると思いますが、鍵の種類によっては全く機能しません。ホームセンターで

売っているような細いワイヤーロックではワイヤーカッターで簡単に切られてしまいます。

そこで今回は盗まれにくい鍵の掛け方と防犯性の高い鍵をご紹介します。

鍵の種類

鍵にも様々な種類があります。シティサイクル(ママチャリ)などに標準でついてくる馬蹄錠が一番見たことが

ある人が多いのではないでしょうか。ダボ穴がないと取り付けることができない場合が多いというデメリットも

あります。またこの鍵だけでは自転車ごと盗まれてしまいます。

このほかに一般的なホームセンターで売っているワイヤー錠。ワイヤー錠にも太さ、長さの異なるものなど

様々なものがあります。筆者的の印象ではワイヤー上をつけている人がほとんどだと思います。

さらにU字ロックというのもあります。鉄の棒を曲げたような形の作りで、そこらへんのワイヤーカッターでは

簡単には切れないと思います。ただU字ロックだけでは地球ロック(後ほど)がしにく買ったり、重量がそこそこ

あるなどデメリットもあります。

また、ダイヤル式と鍵式という2つの施錠方法がそれぞれにあります。ダイヤル錠はダイヤルを合わせるのが

手間、鍵式は鍵をなくし易いというデメリットがあります。安全性はあまり違いはないように思います。

安全性の高い鍵の掛け方

先ほども書きましたが安全性の高い鍵の掛け方の定番は『地球ロック』です。なんだかfunkyな名前ですが笑、

サイクリストが一番やっている鍵の掛け方です。地球ロックのやり方は、地面に固定してある電柱やら柵やらに

ワイヤーなどで自転車を固定する方法です。筆者的におすすめの固定方はワイヤー錠(もしくは端が輪になている

ただのワイヤー)で前輪と後輪、フレーム、柱にワイヤーを通します。そしてフレームと後輪をU字ロックで通します。

ただのワイヤーの場合は、U時ロックにワイヤーも通します。高いホイールを使っている場合ホイールだけを

盗まれる可能性がるので前後輪どちらもワイヤーを通しておいた方がいいと思います。ぐるぐる巻いておくと盗む側も

めんどくさく感じるのではないかと思います。

注意点は駐車してはいけない場所があることです。歩道や車道、駐車禁止標識があるところはもちろんダメです。

地球ロックが使えるのはアパートやマンションの駐輪場がほとんどになってきます。地球ロックが使えない

場所でもワイヤーとU字ロックでそれなりの対策はできます。できるだけ駐輪場を探して停めましょう。

  

おすすめの自転車鍵

ABUS UGRIP BORDO 5700

ドイツの有名自転車鍵メーカーABUS。セキュリティレベルが15まであり、レベルが上がるほど値段も

高くなっていきます。こちらの商品はレベル7でブレードロックと呼ばれひらいて使います。コンパクトで特徴的な形で

自転車本体に取り付けることができます(専用マウント付き)。830gと少し重めですが、その分のセキュリティは

確実にあります。またABUSのレベル5以上の商品には見舞金制度が適用されるので万が一鍵をつけた状態で盗難に

あった場合見舞金がもらえます。

ABUS 8210/110

先ほどと同じABUSのチェーンロック。レベル10のセキュリティレベル。バイク本体を傷つけないようにチェーンを

布で覆ってあります。2kg以上あるので持ち運んで使うというよりかは、自宅で自転車を保管するときに使った

方がいいかもしれません。かなりゴツいので安心感はあります。

ABUS Granit X-Plus 

ABUSのセキュリティレベルマックスのレベル15のU字ロック。重さは1.3kgほどで持ち運べなくはない重さです。

このU字ロックと先ほど紹介したチェーンロックを併用すれば、かなり高いセキュリティになると思います。自宅で

保存する場合はただのワイヤーを通して使うのがおすすめです。

鍵ではないのですが、防犯機能のついたテールライトです。振動を感知すると115dbのアラームが鳴ります。

また、たくさんの自転車の中から自分の自転車を見つける機能があります。サドルやシートポストに取り付けることが

できます。

まとめ

鍵は重さも値段も高くなるにつれてセキュリティレベルが上がっていきます。今回筆者的に最も信頼を

置いているABUSの鍵を主に紹介しました。どの鍵もそれなりの値段はしますが安心感はあります。

高い自転車に乗りながら安い鍵を使って盗まれていては本末転倒なのでできれば1万円以上のABUSの鍵を

使うことをお勧めします。

今から自転車を買う予定の人は、鍵の分の予算も準備しておいてください。後悔しないためにも

鍵に投資は必須です。

おすすめの記事

+1