これで長距離ライドも安心! お尻が痛くなりにくいサドル特集

これで長距離ライドも安心! お尻が痛くなりにくいサドル特集

みなさんはサドルを変えようと考えたことはありますか? 長い時間自転車に乗ってお尻が痛くなった経験をしても、

なかなか「サドルを変える」という判断には至りません。多くの方はシティサイクル(ママチャリ)に乗っていたと

思うので、そもそも「サドルは変えるもの」という考えに至らないかもしれません。それもそのはずで、ママチャリの

サドルは分厚く、広く、丸い形をしていてなるべく多くの人が何不自由なく快適に乗れるように設計されているので

サドルを変える必要がありません。それに比べ、クロスバイクやロードバイクなどの少しスポーティな自転車は乗車姿勢

が前傾になることが前提になっているので、「座る」というよりは「支える」ことを目的として硬く、細長く設計され

ています。ただスピードを求めてガツガツスポーツをする人には問題ないかもしれませんが、自分たちのようにゆるポタ

をメインにしているサイクリストにはなかなか厳しい使用です。

 ただ、今日ではそんな悩みを抱えるサイクリストを救うようなサドルやその他グッツが販売されています。今回は

そんな、長距離ライドには欠かせないお尻が痛くなりにくいサドルをご紹介します。


お尻が痛くななりにくくする対策

「サドルを変える」も有力な一つのお尻を痛めない手段ではありますが、他にも対策はあります。それを少しご紹介

します。


サイクルパンツを履く

自転車始めたての人はサイクルジャージを嫌う方が結構おられます。ピッチとしていて恥ずかしい、という人が多いの

ではないでしょうか? 確かにサイクリジャージにはピッチとして空気抵抗を減らすという機能もありますが、もう一つ

大きな機能があります。それは、お尻を痛めないクッションとしての役割です。サイクルパンツのお尻の部分は

分厚くなっていて少しでもお尻の痛みを和らげる効果があります。高いサイクルパンツほどお尻が痛くなりにくくなり

ます。ただそれでも見た目に抵抗があるひとは、一般的なパンツの下にはくサイクルパンツも販売されているので

そちらを使ってみるのもいいかもしれません。


サドルの位置調整

サドルは傾きや前後など位置の調整が細かくできるようになっています。多くの場合自転車を買ったときにお店の人が

サドル位置の調整をしてくれるのですが、実際に乗って生活をしてみると意外とズレていることが多いです。成長期で

あれば身長が伸びたりしても位置は変わってきますし、自転車の振動などでサドル自体がずれることもあるので今一度

お尻が痛くなりにくいサドル位置を探してみるといいかもしれません。先ほども言いましたが、その場で座るだけでは

わからないので、実際に乗って少しずつ位置を調整してみてください。大体は六角レンチで調整できます。


サドルカバー

今あるサドルに上からクッショ性のいいサドルカバーを取り付ける方法もあります。サドルの上から座布団をつける

ことをイメージしてもらえるとわかりやすいかもしれません。サドルを買い換えるより低価格でかなり効果がある

ことが多いので手っ取り早く変えたかったり、お金に余裕がないひとは一回試してみるといいかもしれません。


サドルの形

サドルにはいくつかの形でタイプ分けができます。それぞれのタイプでメリットデメリットなど特徴がるので

それらをご紹介します。

フラット

横からの見た目がまっすぐなフラット(平坦)になっているタイプのサドルです。お尻が型にハマるわけではないので

柔軟なポジショニングができます。また後ろから見てフラットなサドルもポジション移動がしやすい特緒があります。

ウェイブ

波のようにうねった形をしています。後ろの窪みにお尻がハマる形をしているため、安定したペダリングができます。

個人差が比較的大き苦なりがちなサドルです。

丸型

後ろの部分が丸みを帯びているので、お尻と腿でサドルを挟み込む乗車姿勢になるので安定したペダリングが

できます。こちらも会うか合わないか個人差が結構生まれがちです。

穴あり

最近のサドルは穴あきのモデルが多くなっています。股間の中心部の痛みを軽減することができたり、

長距離ライド時の蒸れを防ぐことができます。

横幅

横幅が広いモデルと狭いタイプがあります。坐骨の幅で横幅の広さが決まってきます。坐骨が広い方は幅広のサドル、

坐骨が狭い方は幅狭のサドル。女子は坐骨広め、男性は坐骨狭めのことが多いです。これも個人差があるので自分の

坐骨の幅に合わせて探してみてください。

ノーズ長

ノーズとはサドルの名称をいいます。長いものは乗車姿勢の前後移動が可能なのでロングライド向き。短いものは

深い前傾姿勢でもストレスを感じません。最近は短いノーズが流行りです。

おすすめのお尻が痛くなりにくいサドル



見るからに分厚い見た目のサドルです。個人的にあまり信用していませんが、この商品amazon choice

選ばれています。厚さ10センチでかなりクッション性があり、中央部には通気穴が空いているので長時間ライドでも

蒸れることなく快適にライドを楽しめます。ママチャリ用の丸いサドルとロードバイク用のサドルの形を組み合わせた

ようなフォルムで、ロードバイク、クロスバイクなどさまざまな自転車で使えます。ただ、重さは960gと決して軽くは

ないので完全にゆるポタ向けのサドルかなと思います。


こちらは一見一般的なスポーツバイクのサドル。このサドルの特徴は硬すぎず柔らかすぎない適度なクッション性だと

いうことです。この形で柔らかすぎるとかえってサドルの底の骨組みがお尻に食い込んで痛くなることがあるので適度な

硬さは必要です。また形が細長いのでペダリングの障害にならずロングライドでも疲れることなく快適にライドを楽しむ

ことができます。また細身のフォルムで自転車自体の見た目を崩すことがないのが結構重要なポイントかなと思います。

快適性と見た目を重視したい方におすすめ。


驚きの7層構造のクッションを搭載したサドルカバー。伸縮性のマジックテープで止める構造で左右から下のサドル

を包み込む形で固定するので横縦ずれをすることがありません。カバー中央部にメッシュ生地を採用しているため

、下のサドルの中央部の穴の機能を失くしません。カバーの後ろがかなり盛り上がっているので、長時間乗る場合は

サドルのポジションを変えた方がいいかもしれません。


GIANT FLEET SL

台湾の有名自転車メーカーGIANTのサドル。このサドルは先程から紹介しているタイプのサドルよりはお尻の痛みを

軽減できないかもしれません。重量も220gと軽めなのでどちらかというと少しスポーティな方にも使っていただける

サドルです。クッションは路面からの振動を吸収してお尻の痛みを軽減します。このサドルはレールにSST TM

軽量中空ステンレス、ベースにカーボンファイバーコンポジットと呼ばれる振動吸収性に優れた素材を使っているので

骨盤にかかる圧を20%以上軽減することができます。速さと快適性を求める人におすすめ。


E-GEL カットアウト

日本人に人気が高いサドルです。リアアクティブゲルと呼ばれるお尻に吸い付くような最高の柔軟性を発揮する

素材を使用しています。防水生地のフレックス表面素材を使用しているので雨の日のライドでも問題なく走れます。

クッション性もある細身のフォルムなのでロードバイクやクロスバイク、ミニバロなどの街乗りバイクにも使えます。


まとめ

 さまざまなサドルをご紹介してきましたが、サドルに自分の体が合うかは結構個人差があります。Aさんに絶賛

されたサドルをBさんが使ってみるとイマイチだった、ということが結構あります。どれだけクッション性が良くても

誰にも使えるサドルは存在しません。実店舗で試乗できることがあるので、一回行ってみるといいかもしれません。

また、サイクリストはサドルが自分に合わな買った場合、合うまで買い続けます。なので先輩のサイクリストと友達

になると、サドルをもらえることが高確率であります。何度かこのサイトでも言っていますが、サイクリング仲間を

作るとこういったメリットもあるので、地元もしくはネットのサイクリング仲間を見つけてみてください。

 自分に合ったサドルを見つけて快適な自転車ライフを送って行ってください。

おすすめの記事

+2