サイクリストのマナーを変える!気づきを与える「キズキベル」特集

サイクリストのマナーを変える

気づきを与える「キズキベル」特集

大きな道で車通りが激しいため、自転車通行可の歩道を走っている。歩行者が横並び歩いていて道を通ることが

できない。ベルを鳴らして気づかせるのは違法だし、どうすればいいだろう?

こんな経験をしたことがある人が結構な割合いるのではないでしょうか?結局なかなか気づいてもらえなくて

ベルを鳴らしてしまった人もいるかもしれません。先日の記事でも書きましたが、歩行者に向かって自転車に乗っている

人がベルを鳴らすのは違法です。道路交通法に次のような条文があります…

第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。(罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百十七条の二第六号、第百十七条の二の二第十一号ト、第百二十一条第一項第六号)

 では先程のような場面に遭遇した時どのように対処すればいいのか。歩行者が気づくまでノロノロ走り走り続ける

意外にも方法があります。一つは声をかけるです。「通ります!」と声をかけるのも安全な一つの手です。しかし

最近はコロナの件もあり、自転車に乗っている時でもなるべく声は出したくありません。そこで今回はもう一つの

解決策「キズキベル」についてご紹介します。

「キズキベル」とは

上図が「キズキベル」。「ベル」なんですが個人的に、一般的なハンドルにつけているベルと区別をつけるため

記事のタイトルには「鈴」と書かせていただきました。この商品の目的は先ほども書いた通り「今から自転車

が通ります」と歩行者に知らせることです。積極的にどけどけと、歩行者に命令する形でなく、「すいません、

通らせていただきます。」という姿勢が前提の商品です。歩道は歩行者優先優先なので。

 また、この商品の特徴は綺麗な舗装路では鳴らなず、歩道の少しの段差を走る時に鳴るというところです。かつその

音もうるさすぎず、小さすぎない風鈴の様な音で絶妙な音です。走っている中鳴ってもらったら乗っているこちら

としても嫌になります。ちなみにキズキベルの音色は下の動画↓

 そしてこの商品の魅力はカラーが豊富なこと。ピンク、ホワイト、イエロー、シルバー、ブラック、ブラウン、

レッド、スカイブルー、ダークグリーン、パープル、マリンブルー、オリーブの14色展開。一つの自転車につける

アクセサリーのような商品です。これだけのカラー展開があれば自分の自転車にあったベルが必ず見つかると

思います。

どこに付ける?

キズキベルの商品解説ではハンドルに取り付けるのがおすすめされていました。確かにそれも一つの場所です。

他にどういった場所がありそうか考えてみました。

フレーム(トップチューブ)

ハンドルの次に考えれるのがフレーム、主にトップチューブかな、と思います。ただフレーム形状、取り付け方に

よってはベルがユラユラと行ったり来たりして邪魔になるかもしれません。

サドルレール

ハンドルかサドルレールに取り付けている方が多いと思います。自分も実際に見たことがあるのはサドルレール

でした。ベルがぷらぷらと揺れているのはとても可愛く見えます。個人的にはサドルレールがいいかなと思います。

まとめ

この形を見ると僕のような田舎育ちは、熊よけを思い出します。田舎で育った方ならカバンに鈴をぶら下げて

登下校した経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?ただこの商品は熊よけの鈴ほど大きな音が

なるわけではないのでご安心を。

自分が歩行者だった場合、後ろからきた自転車にベルを鳴らされたら少しイラっとしてしまいますが、このキズキベル

のように可愛い音なら自然と「自転車が来たんだ」と気付けるのと思います。変なトラブルを起こさないためにも、

サイクリストとしてのマナーとしてでも是非「キズキベル」使ってみてください。

+1